おしゃれなアンティーク照明の通販 Hi-Romi.com ショップブログ

おしゃれなアンティーク照明やアメリカンスタイルな照明を販売する神戸の通販専門店 Hi-Romi.com(ハイロミドットコム)のショップブログ。

アンティーク真鍮製テーブルライト卓上照明|USAヴィクトリアンガラスシェード&GE社製ソケット [WSL-20-003]

ボタニカルな美しいエッチングが施されたガラスシェードが魅力のアンティークテーブルライト

アンティーク真鍮製テーブルライト卓上照明|USAヴィクトリアンガラスシェード&GE社製ソケット

アンティーク真鍮製テーブルライト卓上照明|USAヴィクトリアンガラスシェード&GE社製ソケット
アンティーク真鍮製テーブルライト卓上照明の購入はこちら


USAアンティークのテーブルランプです。

ヴィクトリアンな絵柄がエッチングされた美しいガラスシェードが魅力のテーブルライト。

薄い吹きガラスにはボタニカルな草花やレリーフが見事に描かれています。

ボタニカルな模様が見事にエッチングで施されたガラスシェード

ボタニカルな模様が見事にエッチングで施されたガラスシェード

エジソンが設立したG.E.社の貴重な時代のファットボーイソケットを使用

1900年代初頭の大変貴重な真鍮製ランプソケットを使用

1900年代初頭の大変貴重な真鍮製ランプソケットを使用

ソケットはアメリカでも大変希少なE.G.E社製のファットボーイソケットを使用しています。

E.G.E.社とは現在のGE社(ゼネラル・エレクトリック)のことで、かの有名なトーマス・エジソンが設立した電気照明製造の老舗企業です。

設立当初はエジソンの名前が会社名の頭についていたため、Edison General Electricと表記されました。そのためソケットに記されたロゴにはE.G.E.の文字が記されています。

アメリカのアンティーク市場ではGE社製のファットボーイと呼ばれる形状のアンティークソケットは稀に見ることはありますが、これらはすべて1892年以降に作られたものです。

しかしながら、今回のこのソケットにはE.G.E.のロゴが記されており、EDISONの名前がついていた大変貴重な年代のソケットであることが分かります。

1892年には会社の合併によりEDISON(エジソン)の名前が外されているため、それ以前のソケットと推測します。

1900年前後に主に流通したソケットは内部に陶器製の器具を組み込んでいたこともあり、現代のソケットに比べやや太めのフォルムをしています。そのため、アメリカではこうした年代の古い太目ソケットをファットボーイと呼んでいます。

現在アメリカで流通している金属製のソケットは主にスキニーソケットと呼ばれるやや細めのソケットが中心のため、こうした古い年代のファットボーイソケットは、単体でも高額の値が付く希少なソケットとして取引されます。

残念ながら内部に入っていたであろうオリジナルの陶器製器具はありませんが、現代の暮らしで安全にお使い頂けるよう配線類はすべて新品へ交換してあります。

100年を超えても、汚れを落とし丹念に磨き上げることで輝きを取り戻す真鍮製品の魅力も存分に楽しんで頂ければと思います。

貴重なファットボーイソケットに合わせて同年代の照明パーツを合わせて使用

貴重なファットボーイソケットに合わせて同年代の照明パーツを合わせて使用

1900年代の貴重で美しい照明パーツを現代に蘇らせるレストレーション

丁寧なレストレーション(修復)によって蘇ったテーブルランプ

丁寧なレストレーション(修復)によって蘇ったテーブルランプ

リメイクを行うにあたり可能な限りの修復も行っています。

小さな凹みや歪みなど完全にそれらを取り除くことはできませんが、毎日の暮らしで安心してお使い頂けるよう細部まで手を入れています。

またガラスシェードを固定するシェードホルダーと呼ばれる金具が、ソケットのサイズに合わないことから当店で真鍮部品を削り出し製作しました。

古いものを次世代へ受け継ぐためにでき得る限りの手を尽くした大変美しいテーブルランプです。

可愛らしい鍵型のスイッチを回してゆったりと寛ぐ至福の時間を楽しんで頂ければ幸いです。

撮影では10Wの白熱球(シャンデリア球)を使用しています。

ガラスシェードや表面にデザインされた繊細なエッチングの美しさを引き立たせたい場合は、薄暗いと感じる程度の明るさになる電球をお勧め致します。

アンティーク真鍮製テーブルライト卓上照明|USAヴィクトリアンガラスシェード&GE社製ソケット

アンティーク真鍮製テーブルライト卓上照明|USAヴィクトリアンガラスシェード&GE社製ソケット
アンティーク真鍮製テーブルライト卓上照明の購入はこちら



この照明のレストレーション(リペア・修復)の様子を見る
この照明のレストレーション(リペア・修復)の様子を見る場合は↑の画像をクリック
修復の様子は2021/02/19に公開されます