おしゃれなアンティーク照明の通販 Hi-Romi.com ショップブログ

おしゃれなアンティーク照明やアメリカンスタイルな照明を販売する神戸の通販専門店 Hi-Romi.com(ハイロミドットコム)のショップブログ。

アンティークテーブルライトのレストレーション(修理・リペア)風景

入荷してきたダメージの多いアンティークテーブルライトを丁寧に修復する作業

経年と使用で大変汚れた照明パーツ|アンティークランプの修復・リペア

経年と使用で大変汚れた照明パーツ|アンティークランプの修復・リペア

当店に入荷してきたアンティークランプ達の多くは、何十年もの長い時間の役割を終え様々なダメージや汚れが目立ちます。

元々は天井照明の一部として使われたいた1900年代初頭の貴重な金属パーツを使い、テーブルランプへリメイクして行きます。

真鍮で作られた繊細な造りが魅力のシェードホルダー

真鍮で作られた繊細な造りが魅力のシェードホルダー

長年の埃や汚れと共に真鍮の地金に固着してしまったゴールドのペイント。

地金を傷めないように丁寧にペイントを取り除くとホルダー上面にMADE IN U.S.A.の文字が見えました。

真鍮表面に塗られたペイントを落とすとMADE IN U.S.A.の刻印

真鍮表面に塗られたペイントを落とすとMADE IN U.S.A.の刻印

全パーツを洗浄

この写真では2種類のテーブルランプを製作するためのパーツが写っています。

それぞれのパーツを洗浄し、地金の真鍮がむき出しになるようにした状態。

貴重な1900年代初頭のパーツ達を組わせて、全真鍮製の卓上照明を製作します。

真鍮は鉄に比べ時を経ても腐食しづらい材質のため、母材の割れや欠損がない場合こうして磨き上げ新品のような状態へ戻すことが可能です。

汚れや表面についたペイントを剥がし綺麗に洗浄した照明パーツたち

汚れや表面についたペイントを剥がし綺麗に洗浄した照明パーツたち

使用したいアンティークソケットにシェードホルダーの口径が合わない

明らかにソケットよりも大きすぎるシェードホルダーの口径

明らかにソケットよりも大きすぎるシェードホルダーの口径

1900年代の貴重なファットボーイソケットに合わせて、上記で洗浄したシェードホルダーを使用しようと計画。

写真の通り、ソケットの口径とシェードホルダーの口径が合わないことに気づきました。

明らかにシェードホルダーの口径が大きいため、この2つを繋ぐための金具が必要となります。

旋盤を使って切削加工で繋ぎ金具を製作

ヴィンテージの工業部品から取ったナットを旋盤で切削加工

ヴィンテージの工業部品から取ったナットを旋盤で切削加工

六角形のナットの角を落としたら、ソケットの直径に合わせて旋盤で切削しサイズを微調整します。

完成した繋ぎ金具|アンティークテーブルランプのリペア・修理風景

完成した繋ぎ金具|アンティークテーブルランプのリペア・修理風景

ソケットとホルダーの間に隙間が無くなりました。製作した金具はソケットにロウ付けでしっかりと固定されています。

シェードのフチにある剥離跡を滑らかに研磨

ガラスシェードの縁にある剥離跡の研磨|テーブルランプのリペア・修復

ガラスシェードの縁にある剥離跡の研磨|テーブルランプのリペア・修復

ガラスシェードの縁にあった欠け跡は手を切ったり、それ以上破損しないよう丁寧に研磨してあります。

土台の中に入れる重りや底板の錆も綺麗に取り除きリペイント

錆びや汚れを落としてリペイント|テーブルランプの内側に仕込む重り

錆びや汚れを落としてリペイント|テーブルランプの内側に仕込む重り

土台の中に入る重りや固定板などの錆も丁寧に落とし、再塗装しています。

レストレーション(修理・リペア)が完了したテーブルランプ

レストレーション(修理・リペア)が完了したテーブルライト

レストレーション(修理・リペア)が完了したテーブルライト

どうしても取り切れないダメージなどはアンティークランプの味わいとしてそのままにしてありますが、可能な限りダメージや汚れなどは取り除いています。

同じ年代のパーツを多用して美しいテーブルライトに生まれ変わりました。